【laravel】モデル(Model)とマイグレーションとは?使い方と意味

最終更新日

この記事では、モデル(Model)とマイグレーションとは?使い方と意味についてまとめました。

モデルとは

https://readouble.com/laravel/9.x/ja/eloquent.html

モデル(Model)とは、データベースにデータを入力・出力・削除・更新するために使用されます。

モデルには、ORMであるEloquentの機能を使用し、データの取得や更新・削除などを行うことができます。

データベースのテーブル一つにつき、モデルを一つ作ることになります。

モデルファイルを作る

モデルファイルを作るには、コマンドプロンプトでプロジェクトの階層に移動し、以下のコマンドを打ちます。

php artisan make:model ファイル名

モデルの命名規則

LaravelのModelの名前はテーブルに対して、単数形で書くように決まっています。

例えば、テーブル名がusersの場合はモデル名はUserになります。
先ほどのようにテーブル名がfruitsの場合はモデル名はFruitです。

複数の単語でテーブルを作成する場合は、アンダーバーで繋ぐスネークケースになります。
対応するモデルはキャメルケースで書きます。

キャメルケースとは、アルファベットで複合語やフレーズを表記する際、各単語や要素語の先頭の文字を大文字で表記する手法のことです。
例えば、テーブル名がuser_fruitsの場合はモデル名はUserFruitになります。

このように、テーブル名とモデル名を決められた規則で作成することで、Eloquentを使用して対象のテーブル操作が可能です。
先ほどのコマンドを使用して、モデルと一緒にマイグレーションファイルを作成するとテーブル名をつけてくれるので楽です。

マイグレーションとは

https://readouble.com/laravel/9.x/ja/migrations.html

マイグレーションとは、データベースの情報を管理するようなもので、チームでアプリケーションのデータベースの内容を一目で分かるようにマイグレーションファイルへ定義し共有できるようにします。

マイグレーションファイルを作る

マイグレーションファイルを作るには、コマンドプロンプトでプロジェクトの階層に移動し、以下のコマンドを打ちます。

php artisan make:migration マイグレーションファイル名 --create=テーブル名(複数形)

モデルとマイグレーションファイルを同時に作る

モデルとマイグレーションファイルを同時に作るには、コマンドの最後に「-m」をつけます。

すると、モデルとマイグレーションファイルを同じ名前で同時に作ることができます。

php artisan make:model ファイル名 -m

参考

https://codelikes.com/laravel-model/#toc4