【Flutter/Dart】DateTimeの使い方/今日の日付を表示する方法/基礎から実践

最終更新日

この記事では、Dartで日付を表示することができるDateTimeについて調べてまとめました。基礎から実践までサンプルがあります。

動かすにはDartpadを使用してください。

DateTimeとは

DateTimeとは、日付を扱う場合に使用するクラスです。

公式サイト

https://api.flutter.dev/flutter/dart-core/DateTime-class.html

intiパッケージとは 

intiパッケージとは、簡単に日付と数値のフォーマットと解析ができるようにまとめたパッケージです。DateTimeクラスを扱うだけなら読み込む必要はありませんが、フォーマットに当てはめて使用するため必要になります。

void main(){
  var now = DateTime.now();
  
  print(now);
}

公式サイト

https://pub.dev/packages/intl

使い方

DateTime.コンストラクタ();

サンプル

import 'package:intl/intl.dart';

void main() {
  DateFormat outputFormat = DateFormat('yyyy-MM-dd');
  
  DateTime yesterday = DateTime.now().subtract(Duration(days:1));
  String yesterdayString = outputFormat.format(yesterday);
  print(yesterdayString);
  
  DateTime today = DateTime.now();
  String todayString = outputFormat.format(today);
  print(todayString);
 
  
  DateTime tomorrow = DateTime.now().add(Duration(days:1));
  String tomorrowString = outputFormat.format(tomorrow);
  print(tomorrowString);
 
}

解説

DateFormatを使いoutputFormatに表示するためのフォーマットを作ります。yesterday,today,tomorrowにそれぞれ今日の日付を基準に昨日と明日はメソッドであるsubtractaddでDuration(days:1)をして格納していきます。

参考