【Flutter/Dart】while文/ループ処理/使い方/基礎から実践

最終更新日

Dartの基本文であるwhile文について調べてまとめました。基礎から実践までサンプルがあります。動かない場合はコメントください。

動かすにはDartpadを使用してください。

while文とは

公式サイト

https://dart.dev/guides/language/language-tour#while-and-do-while

do-whileとの違い

では、whileとdowhileの違いはなんでしょう?答えは実行する条件とその回数です。

dowhileは条件に合致しなくても処理を最低一回は繰り返します。

whileは条件に合わなければ一度も処理を行いません

詳しくは以下のサンプルをお試しください。

while

一度も繰り返されません。なにも出力されないと思います。

void main() {
  int num = 0;
  while (num < 0) {
    print(num);
    num++;
 }
}

dowhile

はじめの一回、0のみ出力されているはずです。条件に合致しなくても最低一回は繰り返します。

void main() {
  int num=0;
  do {
    print(num);
    num++;
  } while (num < 0);

}

基本

条件式に合致しているの間は処理を続け、変化式により条件式が合致しなくなるとループ処理が終了します。

参考

https://flutternyumon.com/how-to-use-while-loop/