chromebookでweb開発をするための推奨スペックを調べる

最終更新日

この記事では、chromebookでweb開発をするための推奨スペックを調べまとめました。

xammp,docker,laravel,Vs Code,Atom等がChromeブックで快適に動くかどうかも含め調べてみました。

ChromeOSについて

そもそもですが、Chromeブックのosについて簡単に説明しておくと、ChromeブックにはChromeOSというOSを使い動いています。

ChromeOSのもとは、Linuxという無料で誰もが使えるOSが元になって作られているので、Chromeブックはlinuxとandroidで動くものは動作させることができます

逆にその他のOSで動作するものはサポートしていませんのでご注意ください。

Xammp

公式サイト

https://www.apachefriends.org/jp/index.html

推奨スペック

XAMPP 1.5.3 Linux版
ハードウェア構成CPU:各OSによりますメモリ:64MB以上ハードディスク:200MB

Docker

公式サイト

推奨スペック

  • 4 GB 以上の RAM.
  • 第 2 レベルアドレス変換 (SLAT) を備えた 64 ビットプロセッサ
  • BIOSレベルのハードウェア仮想化サポートが有効
  • Windows 10 64ビット:Pro、Enterprise、または Education(ビルド 16299 以降)
  • Hyper-V が有効

laravel(Comporser)

公式サイト

https://getcomposer.org/

vs Code 

公式サイト

推奨スペック

https://azure.microsoft.com/ja-jp/products/visual-studio-code/

推奨スペック
cpuCPU 1.6 GHz以上
メモリメモリ1GB

Atom

公式サイト

https://atom.io/

推奨スペック

AtomはOSを、問いません。なので、特に条件はありません

https://creating-homepage.com/archives/7533#:~:text=%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82-,Atom%E3%81%AF%E3%80%81%20OS%E3%81%8C64bit%E3%81%AEWindows10%20%E7%89%B9%E3%81%AB%E6%9D%A1%E4%BB%B6%E3%81%AF,2GB%E4%BB%A5%E4%B8%8A%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%E3%80%82

fem