【Github】を使う方法!

最終更新日

github

この記事では、プログラミングをする際により便利に進められる、Githubについて使い方、概要を解説します。

Githubとは

Githubとは登録したユーザーがプログラムのファイルおよびプロジェクトを保存、共有、レビュー、編集できるツールです。

Githubはサイトであって、保存などを行うにはGitやsourcetree,GitHub Desktopなどを使う必要があります。

GitHubにソースコードをホスティングすることで複数人のソフトウエア開発者と協働してコードをレビューしたり、プロジェクトを管理しつつ開発を行うことができる。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/GitHub

メリットデメリット

メリット

Githubを使用するメリットは、

  • 共有できる
  • レビューしてもらえる
  • バージョンごとに管理できる

などがあります。

デメリット

基本的にデメリットはありません。

強いて言うなら面倒なところです。あと、1人で利用する際はメリットであげたものがほぼなくなります。

が、バージョン管理はできます。

ソースコードはプライベート設定にも出来るので見られることもありません。

利用方法

Githubを利用するには、

  1. 会員登録をする
  2. リモートリポジトリを作成する
  3. ツールでアップ(pull)する

二番目以降はこちらの記事で解説してます。

公式ページはこちらです。

Githubでてきること

Githubでてきることには、大まかに

  1. リポジトリ
  2. ブランチ
  3. フォーク

の作成ができます。また、Github公式が出しているツールを使えばより簡単に作成できます。

複数人で利用する

複数人で利用する場合のイメージはこんな感じです。

注意点

リポジトリが1つもない自分のアカウントを紹介しても404エラーになります。

fem