【Flutter/Firebase】とは?仕組みと使い方/料金について解説

最終更新日

この記事では、サーバーレスでデータの管理ができるFirebaseについて調べました。

ただ、モバイルアプリでサーバーサイドを使うときは必ずしもFirebaceを使わなくてはいけないというわけではなく、個人でサーバー借りてシステムを構築することも可能ですが、

Googleが用意してくれているので、ありがたく使わせてもらうことをおすすめします!

Firebaseとは

大雑把にいうとFirebaceとは、モバイルアプリで使うレンタルサーバーです。

できることは以下の通りです。

  1. Firebase Analytics
  2. Firebase Hosting
  3. Firebase Cloud Messagin
  4. Cloud Firestore
  5. Cloud Functions for Firebase
  6. Firebase Authentication
  7. Cloud Storage for Firebase

参考

https://cloud-ace.jp/column/detail175/

公式サイト

https://firebase.google.com/?hl=ja

仕組み

こんな感じで、

  1. 各スマートフォンのアプリを操作する
  2. アプリからサーバーに必要な情報の伝達がいく
  3. サーバーで処理する
  4. 結果を各アプリに返す

だいたい

このような仕組みになっています。

料金プラン

プランSparkFlameBlaze
料金無料25$課金型 
備考現在は廃止料金シュミレーター

基本的に個人で使う分には無料プランで大丈夫です。

会社で使うのであれば課金型を検討してください。

公式サイト

https://firebase.google.com/pricing?hl=ja

使い方

使い方は、英語ですが以下の動画が分かりやすかったです。

Firebaceの初期設定はこちら。

まとめ

Firebaceとはモバイルアプリで使うレンタルサーバーです。

プラットフォームを利用することで、圧倒的に業務の効率をアップすることができ、大変便利です。

モバイルアプリでサーバーを使う場合は、Firebaceを検討してみてはいかがでしょうか?

もし、購入予定があるならばこちらの本をおすすめします!

Firebaceの本

fem