【マスターデュエル】懐獣超カバーカーニバルとは/ワンキル/回し方/デッキレシピ

最終更新日

kaba-ka-nibaru

マスターデュエルでワンキルを簡単に決めたいなら、今話題沸騰中の懐獣超カバーカーニバルを使うべきです。

なぜ、トークンを出現させるだけの魔法カードであるこのカードが?と思うかもしれませんが、懐獣超カバーカーニバル使えば誰でも簡単に速攻でワンキルを決めることが可能なのでとてもおすすめです。

今回は懐獣超カバーカーニバルについて詳しく解説します。

カバーカーニバルについて

カバーカーニバルの画像
種類レア度生成
速攻魔法NCPN画像CPN ×30
テキスト
①:自分フィールドに「カバートークン」(獣族・地・星1・攻/守0)3体を特殊召喚する。このトークンはリリースできない。「カバートークン」がモンスターゾーンに存在する限り、自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。このカードの発動後、ターン終了時まで相手は「カバートークン」以外のモンスターを攻撃対象にできない。

超カバーカーニバルについて

超カバーカーニバルの画像
種類レア度生成
速攻魔法RCPR画像CPR ×30
テキスト
①:自分の手札・デッキ・墓地から「EMディスカバー・ヒッポ」1体を選んで特殊召喚する。その後、自分フィールドに「カバートークン」(獣族・地・星1・攻/守0)を可能な限り特殊召喚できる。このトークンはリリースできない。「カバートークン」がモンスターゾーンに存在する限り、自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。この効果で「カバートークン」を特殊召喚した場合、ターン終了時まで相手は「カバートークン」以外のモンスターを攻撃対象にできない。

このように、カバーカーニバル/超カバーカーニバル事態はトークンを召喚するだけのカードなのでお世辞にもあまり強いとは言いにくいです。

超カバーカーニバルの場合は、EMディスカバー・ヒッポがついてきますが、こちらもそのままではあまり期待できるものではありません。

ではどのように使うか

カバーカーニバル/超カバーカーニバルでワンキルを決めるには、「懐獣」シリーズを使います。

ランクなどでせっかく出したモンスターが、蛾に変わったりしたことがあるかもしれません。

それが、懐獣です。

結論、シャイニングアブソープ+懐獣+カバーカーニバル/超カバーカーニバルを使います。詳しくは次の章で解説します。

使用するカード

あるちゅの「カバ壊獣ヘルテン」デッキ(2016年10月制限)
         
         
         
         
    
 1x EM(エンタメイト)ディスカバー・ヒッポ ST16など
 3x トーチ・ゴーレム DP07
 2x 溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム DP16など
 2x 怒炎壊獣ドゴラン EP16
 3x 雷撃壊獣サンダー・ザ・キング EP16
 3x 壊星壊獣ジズキエル EP16

 3x シャイニング・アブソーブ TSHD
 3x 妨げられた壊獣の眠り EP16
 3x 所有者の刻印 LE7
 2x 成金ゴブリン BE01など
 2x トレード・イン SR02など
 1x 強欲で貪欲な壺 TDIL
 3x 超カバーカーニバル TDIL
 3x カバーカーニバル ST16など
 3x ヘル・テンペスト PP7など
 3x D・D・R(ディファレント・ディメンション・リバイバル) SD26など

基本ムーブ

前提条件:相手フィールドにモンスターが一体以上存在すること

  1. 相手モンスター生け贄に懐獣モンスターを相手フィールド上に召喚する(光属性の懐獣にする
  2. カバーカーニバル/超カバーカーニバルでトークンを召喚
  3. シャイニング・アブソープで場のトークンを相手フィールド上にある懐獣と同じ攻撃力にする
  4. 攻撃力3300で一斉攻撃

 パターンその1、超ダメージパターン。

 キーカードはこの魔法カード。

 シャイニング・アブソーブ
  通常魔法
 ■相手フィールド上に表側表示で存在する光属性モンスター1体を選択して発動する。
  自分フィールド上に表側攻撃表示で存在する全てのモンスターの攻撃力は
  エンドフェイズ時まで、選択したモンスターの攻撃力分アップする。

 下準備として、まずは敵軍に光属性の高攻撃力モンスターを用意する。
 このデッキだと、壊獣がいるので簡単だ。
 壊獣には、「相手モンスターをリリースして、相手フィールドに特殊召喚」という共通テキストがあるので、それを使う。
 これで相手モンスターを除去しつつ、攻撃力3300が相手に用意できた。

 

 

 次に、自軍にモンスターを増やそう。
 このデッキでは「超カバーカーニバル」だ。

 超カバーカーニバル
  速攻魔法
 ■(1):自分の手札・デッキ・墓地から「EMディスカバー・ヒッポ」1体を選んで特殊召喚する。
  その後、自分フィールドに「カバートークン」(獣族・地・星1・攻/守0)を可能な限り特殊召喚できる。
  このトークンはリリースできない。
 ■「カバートークン」がモンスターゾーンに存在する限り、
  自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。
 ■この効果で「カバートークン」を特殊召喚した場合、
  ターン終了時まで相手は「カバートークン」以外のモンスターを攻撃対象にできない。
カバーカーニバル
  速攻魔法
 ■(1):自分の手札・デッキ・墓地から「EMディスカバー・ヒッポ」1体を選んで特殊召喚する。
  その後、自分フィールドに「カバートークン」(獣族・地・星1・攻/守0)を可能な限り特殊召喚できる。
  このトークンはリリースできない。
 ■「カバートークン」がモンスターゾーンに存在する限り、
  自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。
 ■この効果で「カバートークン」を特殊召喚した場合、
  ターン終了時まで相手は「カバートークン」以外のモンスターを攻撃対象にできない。

 「超カバーカーニバル」で攻撃力0のカバトークンが最大4体と、「EMディスカバー・ヒッポ」(攻撃力800)1体が出てくる。

 

 この低攻撃力モンスターたちを、「シャイニング・アブソーブ」でパワーアップさせてパンチ!!

 

 「超カバーカーニバル」とのコンボだと、自軍に5体モンスターがいるので、それが全部攻撃力3300アップ!
 つまり、攻撃力3300のカバトークン4体と、攻撃力4100の「ヒッポ」だ。
 全部で攻撃すると、1万4000ダメージ!!
 これでワンショットキル達成!

 なお、この手順では「(光属性の)壊獣」「超カバーカーニバル」「シャイニング・アブソーブ」のコンボで紹介したが、別のカードでも同様のコンボは狙える。

・「妨げられた壊獣の眠り」「カバーカーニバル」「シャイニング・アブソーブ」(←動画のはこのパターン)
・「妨げられた壊獣の眠り」「超カバーカーニバル」「シャイニング・アブソーブ」
・「妨げられた壊獣の眠り」「壊獣」「シャイニング・アブソーブ」

 

 

 

 

 

 

 

相手にモンスターが1体いる場合

  1. 「(光属性の)壊獣」「カバーカーニバル」「壊獣」「シャイニング・アブソーブ」
  2. 「(光属性の)壊獣」「カバーカーニバル」「EMディスカバー・ヒッポ」「シャイニング・アブソーブ」
  3. 「(光属性の)壊獣」「カバーカーニバル」「シャイニング・アブソーブ」「所有者の刻印」
  4. 「(光属性の)壊獣」「カバーカーニバル」「カバーカーニバル」「シャイニング・アブソーブ」
  5. (「カバーカーニバル」1枚は相手ターンに発動して攻撃を受けて、フィールドを開けておこう)

 

 

 

 

 

 

「超カバーカーニバル」とのコンボだと、自軍に5体モンスターがいるので、それが全部攻撃力3300アップ!
 つまり、攻撃力3300のカバトークン4体と、攻撃力4100の「ヒッポ」だ。
 全部で攻撃すると、1万4000ダメージ!!
 これでワンショットキル達成!

 なお、この手順では「(光属性の)壊獣」「超カバーカーニバル」「シャイニング・アブソーブ」のコンボで紹介したが、別のカードでも同様のコンボは狙える。

・「妨げられた壊獣の眠り」「カバーカーニバル」「シャイニング・アブソーブ」(←動画のはこのパターン)
・「妨げられた壊獣の眠り」「超カバーカーニバル」「シャイニング・アブソーブ」
・「妨げられた壊獣の眠り」「壊獣」「シャイニング・アブソーブ」

 

 

 

 

 

 

 

相手モンスターが一体もいない場合

  1. 「(光属性の)壊獣」「カバーカーニバル」「壊獣」「シャイニング・アブソーブ」
  2. 「(光属性の)壊獣」「カバーカーニバル」「EMディスカバー・ヒッポ」「シャイニング・アブソーブ」
  3. 「(光属性の)壊獣」「カバーカーニバル」「シャイニング・アブソーブ」「所有者の刻印」
  4. 「(光属性の)壊獣」「カバーカーニバル」「カバーカーニバル」「シャイニング・アブソーブ」
  5. (「カバーカーニバル」1枚は相手ターンに発動して攻撃を受けて、フィールドを開けておこう)


 

 

 

 

 

 


 ということでこのコンボ、「シャイニング・アブソーブ」さえ引けていれば様々なルートがあることはお分かりいただけただろうか?
 とは言うものも、実際には引けないことがあるのもカードゲーム!
 そんな時のため、このデッキには第2のコンボが入っている!!

 ヘル・テンペスト
  速攻魔法
 ■3000ポイント以上の戦闘ダメージを受けた時に発動する事ができる。
  お互いのデッキと墓地のモンスターを全てゲームから除外する。

 このデッキの場合、上記のように「相手に3000以上の攻撃力モンスター」を出すのは非常に簡単。
 あとは殴ってもらうなり、攻撃力0のトークンで殴りに行って返り討ちにあうなりすれば、簡単に条件を満たせられるぞ!

 「ヘル・テンペスト」クラスの超デッキ破壊効果を喰らえば、対戦相手の反撃は超難しいハズ!
 あとは発動条件のために送り込んだ「壊獣」などを、もっと大きい「壊獣」や「所有者の刻印」、または「シャイニング・アブソーブ」や「D・D・R」などで対処すれば、勝利は簡単だ!


 ちなみにこの解説ではできるだけ自分のカードで相手に攻撃力3000以上を用意しているが、最近は対戦相手自身が簡単に3000以上を出すこともままある。
 相手との共同プレイで、コンボパーツを1枚少なく発動させよう!

http://cardkingdom.jp/yuugi/yuugi170.html

まとめ

シャイニングアブソープを発動しても1ターンで決めないと攻撃力が元に戻り、攻撃力0のトークンが攻撃表示で無防備な状態で存在している状況になってしまいます。

そうならないために、リンクや生け贄など対応策は用意しておきましょう。

fem