【マスターデュエル】botとは?通報は?放置以外も対策見分け方を解説

最終更新日

【チート行為は犯罪です。実際に裁かれた例もあります。絶対にお止めください。】

最近マスターデュエルのランクを回しているとおかしな挙動やプレイングをする相手がいたのでおかしいな?と思い調べていたらチート(bot)が横行していることがわかりましたので調べてまとめました。

この件に関してはコナミの対応を待つしかありませんが、概る要を知りたいさく方法があるので知っておくのもいいかもしれません。

チート発見 そもそもチートの定義

「いかさまのようにすごい」を意味するインターネットから生まれたスラング。英語の原義は「いかさま、ごまかし、詐欺、不正行為」などだが、テレビゲームなどの普及と共に「ゲーム機器や、キャラクターのパラメーターの不正改造」にこの言葉が用いられるようになった。現在でもオンラインも含めたゲームで用いられている。

https://kotobank.jp/word/%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%88-564998#:~:text=%E3%80%8C%E3%81%84%E3%81%8B%E3%81%95%E3%81%BE%E3%81%AE%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB%E3%81%99%E3%81%94%E3%81%84,%E3%81%A7%E7%94%A8%E3%81%84%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%80%82

コトバンクより、

このようにゲームにおいて制作者が公式に意図していない挙動を引き起こし自信に有利な挙動を起こしたりするために、プログラミング言語で作られたツールのことです。

ある程度と明度があるゲームではこれが横行し、オワコンになっていくゲームをたくさん見てきたので早くKONAMIも対応してほしいですね!

今回のbot(チート)について

このチートはbotと呼ばれています。

botといえば、cpuと思われる方もおられるかもしれませんが、botと呼ばれているだけでコンピュータと対戦しているわけではないのでその点はお間違えの無いようお気を付けください。

現在横行しているチート(bot)

現在マスターデュエルにおいて横行しているbotは以下の通りです。

  1. 未開域無限ループbot
  2. コアキメイル無限ループbot

①未開域無限ループbot 

未開域無限ループbotの狙い

未開域と、「抹殺の指名者」を用いた無限ループを使い相手のサレンダーを狙ったものです。

未開域無限ループbotの具体的なやり方

未開域無限ループbotの具体的なやり方は、

  1. 抹殺の指名者で手札の未開域モンスターを宣言
  2. 宣言した未開域モンスターの効果で特殊召喚をしようとする
  3. 抹殺の指名者の効果で無効化される
  4. ターン1制限がないのを利用して2にループする

②コアキメイル無限ループbot

コアキメイル無限ループbotの狙い

「抹殺の指名者」をコアキメイルデビルに置き換え未開域無限ループbot同様相手のサレンダーを狙うbotです。

遊戯王マスターデュエル_コアキメイル・デビル
レアリティ
レベルマスターデュエル_レベルアイコンマスターデュエル_レベルアイコンマスターデュエル_レベルアイコン
種類風属性風属性 / 悪魔族 / 効果
攻撃力1700
守備力800

コアキメイル無限ループbotの具体的なやり方

  1. コアキメアルデビルを召喚
  2. 光属性または、闇属性の未開域モンスターを特殊召喚しようとする
  3. コアキメアルデビルの効果で無効化
  4. 2に戻る

botの見分け方

botの見分け方は以下の通りです。

通報について

現時点でマスターデュエルにおいていわゆる「通報」システムは、試合後デュエルを保存し、保存されているデータを通報という形になります。

手順まとめ

  1. botを発見
  2. マッチ後デュエルを保存
  3. トップ画面の左上(名前が書いてあるところ)からリプレイを選択
  4. botとのマッチが映ったリプレイをクリック
  5. セレクトメニューが表示されるので通報をクリック

その他の情報

また、マスターデュエルではアンケートを募集しています。苦情をどうぞ!

マスターデュエル公式twitter

過去に横行したbot

以下は、過去に横行したbotやチートについて解説しています。現在は公式により適切に対処され改善されています。

長いので折り畳んでみました。現在はかなり対処されたものが載っています。

▼過去のbotを見る

まとめ

現状、プレイヤーが対策できることは少ないみたいです。

公式に動いてもらうのを待つしかないみたいです。

fem