【Laravel】リクエスト(Request)|レスポンス(Response)とは?

最終更新日

この記事では、リクエスト(Request)|レスポンス(Response)とは?についてまとめました。

リクエスト(request)とは

リクエスト(request)とは、クライアントから送られてきた情報

リクエスト(request)を使うには

リクエスト(request)を使うにはコントローラーファイルのnanespace後に下記のように記入します。

use Illuminate\Http\Request;

レスポンス(response)とは

レスポンス(response)とは、サーバーからクライアントへ返送する情報

レスポンス(response)を使うには

レスポンス(response)を使うにはコントローラーファイルのnanespace後に下記のように記入します。

use Illuminate\Http\Response;

アクション内でリクエスト|レスポンスを使う

※Requestはデフォルトで用意されています。そのためResponseを追記します。

※Request,Response共に必要ない場合は記述を省くことができます。

以下のように引数に追加するだけでインスタンスが用意されます。

public function アクション名(Request $request,Response $response)
{・・・・

Requestの主なメソッド

アクセスしたURLに関するメソッドを紹介します。

url()

$request ->url();

アクセスしたURLを返します。
クエリー文字は省略されます。

fullurl()

$request ->fullUrl();

アクセスしたアドレスを完全な形で返します。
クエリー文字も含まれます。

path()

$request ->path();

ドメインより下のパスを返します。

その他のメソッド

その他のメソッドは、公式ページでご覧ください。

https://readouble.com/laravel/9.x/ja/requests.html

Responseの主なメソッド

クライアントへ返送する際のステータスコード
表示コンテンツの設定などがあります。

state()

$this ->status();

アクセスに関するステータスコードを返します。
正常にアクセスが終了してたら200になります。

content()

$this ->content();
$this ->setContent(値);

コンテンツの取得・設定を行うものです。
contentはコンテンツを取得し
setContentは引数の値にコンテンツを変更します。

その他のメソッド

その他のメソッドは、公式ページでご覧ください。

https://readouble.com/laravel/9.x/ja/responses.html

fem