【laravel】エスケープ処理とは?意味と使用方法

最終更新日

この記事では、エスケープ処理とは?意味と使用方法についてまとめました。

エスケープ処理とは

エスケープ処理とは、マークアップ言語やプログラミング言語、スクリプト言語等で文字列を扱う際に、その言語にとって特別な意味を持つ文字や記号を、別の文字列に置き換えることです。 例えばHTMLでは、タグの記述に「<」「>」という記号(文字)を使用します。

https://www.f5.com/ja_jp/services/resources/glossary/escape-processing#:~:text=%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%97%E5%87%A6%E7%90%86%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%80%81%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AF,%E6%96%87%E5%AD%97%EF%BC%89%E3%82%92%E4%BD%BF%E7%94%A8%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

phpでの表記方法

公式リファレンス

https://www.php.net/manual/ja/function.htmlspecialchars.php

htmlspecialchars(
    string $string,
    int $flags = ENT_QUOTES | ENT_SUBSTITUTE | ENT_HTML401,
    ?string $encoding = null,
    bool $double_encode = true
): string

laravelでの表記方法

laravelではこのように表記します。

// エスケープ処理される
{{  }}

// エスケープ処理したくない
{{!! 値や変数 !!}}

fem