【Laravel】blade構文とは?意味と使用方法まとめ

最終更新日

この記事では、laravelのblade構文とは?意味と使用方法をまとめました。

bladeとは

公式リファレンス

Bladeは、Laravelに含まれているシンプルでありながら強力なテンプレートエンジンです。一部のPHPテンプレートエンジンとは異なり、BladeはテンプレートでプレーンなPHPコードの使用を制限しません。実際、すべてのBladeテンプレートはプレーンなPHPコードにコンパイルされ、変更されるまでキャッシュされます。つまり、Bladeはアプリケーションに実質的にオーバーヘッドをかけません。Bladeテンプレートファイルは.blade.phpファイル拡張子を使用し、通常はresources/viewsディレクトリに保存します。

Bladeビューは、グローバルなviewヘルパを使用してルートまたはコントローラから返します。もちろん、viewsのドキュメントに記載されているように、データをviewヘルパの2番目の引数を使用してBladeビューに渡せます。

https://readouble.com/laravel/9.x/ja/blade.html

blade構文一覧

項目説明
@if (条件)
….
@endif
条件がtrueの時に画面を表示
@if (条件)
….
@elseif (条件)

@else

@endif
複数の条件分岐がある場合に用いる
@isset (変数)

@endisset
変数が定義されており、変数の値がnullではない場合に表示
@empty (変数)

@endempty
変数が空,null,0の場合に表示
@for (初期値; 条件; 後処理)
…繰り返し表示
@endfor
PHPのfor文に該当する
@foreach ($配列 as $変数)
…繰り返し表示
@endforeach
PHPのforeach文に該当する
@php
…PHP文
@endphp
PHPの関数などが使えて、変数などを定義できる
@component (名前)

@endcomponent
コンポーネントを作成する

fem