【Dart】名前付きコンストラクタとは?使い方

最終更新日

この記事では、名前付きコンストラクタとは?使い方についてまとめました。

基礎から実践までサンプルがあります。動かない場合はコメントください。

動かすにはDartpadを使用してください。

名前付きコンストラクタとは

名前付きコンストラクタとは、クラスの機能の一つで1つのクラスに複数のコンストラクタを定義できるので、コンストラクタ別に引数の指定、プロパティ値の指定、インスタンス時に実行する処理など指定できます。

シンプルなサンプル

void main() {
  var point = Point(5, 2);
  print('Point:${point.point()}');
 
}

class Point {
  double x, y;

  Point(this.x, this.y);
  String point() => '(${this.x}, ${this.y})';
  }

サンプル

void main() {
  var point = Point(5, 2);
  print('Point:${point.point()}');

  var origin = Point.origin();
  print('Point.origin:${origin.point()}');
}

class Point {
  double x, y;

  Point(this.x, this.y);

  Point.origin()
      : x = 0,
        y = 0;

  String point() => '(${this.x}, ${this.y})';
}

//結果
//Point:(5.0, 2.0)
//Point.origin:(0.0, 0.0)

https://flutterzero.com/named-constructors/

fem