【Flutter/Dart】switch文/使い方/基礎から実践

最終更新日

Dartの基本文であるswitch文について調べてまとめました。基礎から実践までサンプルがあります。動かない場合はコメントください。

動かすにはDartpadを使用してください。

switch文とは

公式サイト

https://dart.dev/guides/language/language-tour#switch-and-case

switch文とはあらかじめ決めておいたケースにマッチした場合の処理を書いてく文です。

if文との違い

プロに「switch文if文ってどう使い分けてますか?」と聞くと、「あまり明確には分けていませんが、分岐が多い場合にはswitch文を使用します。」と教えて教えていただきました。(少なければif文のみで大丈夫です。)

基本

case文

case文とは、switch文でケースを想定してマッチしたものの処理を書いておきます。

default文

default文とは、switch文で使用するもので想定していたケースにどれもマッチしない場合の処理を書いておきます。

実践

fem